HISTORY

会社沿革

会社沿革

昭和12年10月 大阪市内にて近澤光夫が車両機械塗装を専門に創業
昭和30年 5月 大阪市加島町に三協塗装工業株式会社に改組改称
昭和45年 7月 取引先の四国進出に伴い三協塗装工業株式会社 四国出張所を開設
昭和48年 8月 親会社(三協塗装工業株式会社)より独立、焼付塗装工場の操業を開始
12月 香川県綾歌郡飯山町(現丸亀市飯山町)に資本金320万円にて四国塗装工業株式会社を設立
昭和51年 4月 資本金600万円とし、本社工場を現在の丸亀市川西町北1698-1に移転、営業を開始
昭和54年 2月 三菱電機株式会社 丸亀製作所との取引を開始
5月 工場排水問題を考慮して水質汚濁設備(香川84号)を導入。資本金1,000万円となる
昭和57年11月 三菱電機株式会社 丸亀製作所より品質優良工場表彰を授与
12月 資本金1,500万円となる
昭和58年 1月 鉄工部を設立し、厚板溶断加工と薄板板金加工の営業を開始
昭和59年 2月 資本金2,000万円となる
9月 全自動前処理設備が完成
昭和60年 8月 スクリーン印刷加工の営業を開始
昭和61年 9月 塗装ラインの無人化に向けて自動小物塗装ラインが完成
昭和62年10月 本社工場敷地に鉄工部を独立し、資本金1,000万円に竜王金属株式会社を設立
昭和63年 3月 大型自動塗装ライン完成
平成元年12月 竜王金属株式会社 新工場が完成、移転する。レーザー加工機及びプレスブレーキを導入
平成2年 3月 社員の憩いの場として社内公園(富士見園)370坪が完成
平成3年10月 香川労働災害防止団体連絡協議会より優良賞を授与
平成5年 9月 竜王金属株式会社の資本金が1,500万円となる
平成11年 4月 日本ゼオン特約店となり、合併浄化槽販売事業部を開設し営業を開始
平成12年 1月 四国塗装工業株式会社の資本金が5,000万円となる
6月 カチオン式電着塗装設備が完成
平成14年 7月 合併浄化槽販売事業部を独立し丸亀市垂水町に資本金300万円にて有限会社ブライトを設立
平成15年 1月 レーザー加工機(ML3015LVP-30PC10LⅢ)を導入
平成16年 2月 海外調達(台湾)を開始
平成17年 2月 外国人研修生、技術実習生制度を導入
12月 板金加工ネットワーク化に向けてHDS1703NT、1303NT及びASIS100BGMを導入
平成18年 3月 竜王金属株式会社の資本金が4,500万円となる
5月 海外調達(中国)を開始、JIT生産活動への取組を開始する
平成19年 1月 竜王金属株式会社新社屋の完成により生産レイアウトの大幅な変更を行う
7月 国内、外の調達部門を独立し丸亀市川西町北に資本金600万円にて株式会社春日を設立
平成20年 6月 パンチ加工機(EMZ3610NT)を導入
8月 社員寮「リバーサイドわかば」完成
12月 HDS1703NTを導入
平成21年 2月 協同組合エフォートかがわを設立(資材協同購入を開始)
平成23年 4月 四国塗装工業株式会社40周年記念式典
6月 半自動塗装ライン完成
平成24年 6月 パンチ・レーザー複合加工機(EML3510NTP)を導入
平成25年12月 自動静電塗装ライン完成
平成27年 6月 HG-1703を導入